Monthly Archive:: November 2019

変化するプロ野球

日本においてプロ野球は、長い間スポーツの王様でした。しかし近年はサッカー人気の興隆、それに続くスポーツの多様化によってその地位は脅かされつつあります。地上波で常にプロ野球の試合が流れることはなくなったのです。そんな中日本の野球も変わりつつあります。 変化が必要な時代 東京=巨人というわかりやすい一極集中型の発展をしてきた日本プロ野球は、地域密着を掲げたJリーグの影響から、現在地方にフランチャイズを置くチームによって人気が支えられています。今後もそのような外からの影響により変化を続けていくことになるでしょう。Jリーグのトトカルチョのようなものもできるでしょうし、実際は海外のサイトを利用すればプロ野球の試合に賭けることも可能なのですから。

スポーツと賭け

日本において、以前はスポーツに賭けること自体あまり好ましく思われていませんでした。日本のスポーツ界は体育会系という学生スポーツをベースにしたアマチュアイズムを根底に持っていて、ファンはプロスポーツにすら過度のアマチュアイズムを求めてしまっていたからです。 Jリーグとtoto そこにプロサッカーリーグ「Jリーグ」が登場します。Jリーグは従来の日本のプロスポーツ(実質プロ野球だけですが)に対するアンチテーゼという側面も持っていました。地域密着の理念等がその代表です。そして2001年に導入されたスポーツ振興くじ「toto」も既成の価値観を壊すものでした。その導入によりスポーツファンの意識も変化し、現在は多くのファンがインターネットサイトでスポーツベッティングを楽しむようになったのです。