Latest

ワールドカップの熱狂を経て~新たな日本ラグビーの時代が始まる~

日本のラグビー界にとって、重要な転換点となった2019年ラグビーワールドカップ日本大会。ワールドカップを招致した当時は、日本のようなラグビー弱小国で開催すべきではない、という批判的な声も多くありました。しかし彼らはその批判を、史上初の決勝トーナメント進出という結果で黙らせました。それは長い間苦難の時を過ごした日本ラグビーの歴史を塗り替える大事件となりました。 世界に見せつけられ続けた実力の差 日本のラグビーは実に100年以上の歴史を持ち、競技者数は2018年の時点で世界第6位とされています。しかし、その歴史は世界に実力の差を見せつけられ続けた、苦難にまみれたものでした。 日本はワールドカップに、1987年におこなわれた第1回大会から全て参加しています。しかし勝ち星はわずか1勝しかあげられませんでした。それも相手は、ワールドカップで一度も勝利したことがないジンバブエです。 そして第3回のワールドカップでは世界最強チーム、ニュージーランド代表と同じグループに入り、予選で戦うことになります。結果は145対17、128点という記録的な大差で敗北を喫したのです。この時代のasiabetのようなブックメーカーは、いったいどれほどのオッズをこの試合につけていたのでしょうか。おそらく天文学的な数字だったことは間違いありません。それほど、世界のトップとの差は大きかったのです。 アジアの強豪として新たな時代へ しかし第8回となる2015年イングランド大会。日本は強豪南アフリカ代表に勝利します。そして今回のグループリーグ突破によって、ついに世界の強豪たちと同じステージに日本は立ちました。それは、日本ラグビーの新しい時代の幕開けでもありました。 世界中から賞賛を浴びたワールドカップにおける日本代表の活躍。それは日本のラグビーリーグ、トップリーグにも大きな影響を及ぼしました。世界中から尊敬を集めることになった日本ラグビーに、多くの世界的な選手が集まって来るようになったのです。神戸製鋼に加入したニュージーランド代表のブローディ・レタリック。サントリーに加入したオーストラリア代表サム・ケレビ。その他多くの有名トップ選手がトップリーグでプレーします。日本ラグビーのレベルを更に押し上げることになり、そして日本ラグビーは新たな時代に突入します。そう、ワールドカップ優勝を目指す時代へと。

日本サッカーワールドカップの歴史

日本のサッカーの歴史は他の強豪国に比べて長くはありませんが、最近では海外のリーグでプレイすることも普通になり、ワールドカップに出場することも当たり前になりました。そんなサッカーの日本代表の歴史と主張選手を振り返って見ましょう。 ドーハの悲劇 日本のサッカーワールドカップを語る上でとても重要な出来事です。日本サッカー協会はサッカーのプロリーグを1991年に設立しました。そして92年には日本代表監督初の外国人であるオフト監督を任命、ワールドカップ出場に向けて始動します。 最終予選で1位を勝ち取りワールドカップ出場がほぼ確定されていた日本でしたが、イラクとの試合の公判で同点に追いつかれ、得失点差で3位となり初のワールドカップ出場を逃してしまいました。当時のメンバーはJリーグ開幕からの全盛期を支えた、市川、三浦知良(カズ)、北澤豪です。彼らを含めた代表メンバー、日本国民が落胆する出来事でした。 ジョホールバルの歓喜 – ワールドカップ初出場 前回のドーハの悲劇から4年後、日本はワールドカップ出場をかけて再度イランと対戦し、勝利を収めることでワールドカップ初出場を決めました。この時のメンバーは前回の「ドーハの悲劇」を経験した三浦知良(カズ)などの旧メンバーと、後にセリアAでも活躍する中田英寿を含む若い世代が混じっており、いまでも日本代表史上でベストメンバーの一つと言われています。 決勝トーナメント進出 それからの日本代表は予選突破は当たり前という時代に突入します。2002年、2010年には結腸トーナメントに進出しました。ここで鍵になったメンバーは中田英寿などワールドユースで世界を経験している選手たちです。 このころから優秀な選手はJリーグを飛び出して、イタリア、ドイツ、ロシアなど海外のリーグで活躍するようになりました。フィジカル面では欧米の選手に勝てないと言われますが、日本選手はボールのパス回しなどテクニック面で秀でており、パス回しが主流のイタリアセリエAなどのリーグで活躍できるようになりました。 2022年カタールワールドカップ 2018年のロシア大会もついこの前のようですが、すでに2022年に向けて日本代表は予選に参加しています。代表の監督問題で騒然とした時期もありましたが、現在は日本人の代表監督のもとでチーム一丸となって戦っています。抽選にも恵まれており今回も気を引き締めてまずは予選突破、そして海外のクラブでプレイするメンバーとのコンビネーションを強化することで、決勝トーナメントを目指します。 いっしょに予選から日本代表を応援しましょう!

東京にオリンピック再び

オリンピック東京2020の開始まであと1年以内となりました。1964年に開催されて以来56ぶりに東京にオリンピックが帰ってくるのです。カラーテレビの普及、多額の投資が行われ多くの交通インフラが整うことになった前回とは衝撃の大きさは違うでしょうが、それでも世界最大のスポーツの祭典に期待で今から胸が一杯という方も多いのではないでしょうか。 メダルの期待が高い競技 地元開催というメリットも活かし、多くのメダルの獲得が期待されています。まずは日本のお家芸柔道は、男女共に各階級に実力者が揃いました。競泳陣は、今や日本の得意種目と言っても過言ではありません。そして多くの若い選手が世界で活躍する卓球。これら複数のメダルが期待できる競技以外にも多くの競技で日本は輝くメダルを掲げることになるでしょう。

変化するプロ野球

日本においてプロ野球は、長い間スポーツの王様でした。しかし近年はサッカー人気の興隆、それに続くスポーツの多様化によってその地位は脅かされつつあります。地上波で常にプロ野球の試合が流れることはなくなったのです。そんな中日本の野球も変わりつつあります。 変化が必要な時代 東京=巨人というわかりやすい一極集中型の発展をしてきた日本プロ野球は、地域密着を掲げたJリーグの影響から、現在地方にフランチャイズを置くチームによって人気が支えられています。今後もそのような外からの影響により変化を続けていくことになるでしょう。Jリーグのトトカルチョのようなものもできるでしょうし、実際は海外のサイトを利用すればプロ野球の試合に賭けることも可能なのですから。

スポーツと賭け

日本において、以前はスポーツに賭けること自体あまり好ましく思われていませんでした。日本のスポーツ界は体育会系という学生スポーツをベースにしたアマチュアイズムを根底に持っていて、ファンはプロスポーツにすら過度のアマチュアイズムを求めてしまっていたからです。 Jリーグとtoto そこにプロサッカーリーグ「Jリーグ」が登場します。Jリーグは従来の日本のプロスポーツ(実質プロ野球だけですが)に対するアンチテーゼという側面も持っていました。地域密着の理念等がその代表です。そして2001年に導入されたスポーツ振興くじ「toto」も既成の価値観を壊すものでした。その導入によりスポーツファンの意識も変化し、現在は多くのファンがインターネットサイトでスポーツベッティングを楽しむようになったのです。

飛躍するJリーグ

日本のプロスポーツ界に大きな   影響を及ぼしてきたプロサッカーリーグ「Jリーグ」は、2016年に大きな転換点を迎えることになります。その転換点とは、それまでJリーグのテレビ放送を担ってきたスカパーとの契約を終了し、海外のインターネットスポーツ中継サービス企業「ダゾーン」と全ての放映権の契約を結んだというものです。もっと言えば、その契約額が2017年からの10年間で約2100億円という巨大なものだったことです。 ダゾーンとの契約で何が変わるのか まずは優勝額が大幅に底上げされたため、チームは勝つことで選手に投資し更に強くなるという循環を作ることができます。またダゾーンという世界へ配信する企業と繋がることで、Jリーグのそのものが世界に認知されるようになったのです。

帰路に立つ大相撲

「日本の国技」と呼ばれる相撲ですが、近年様々な問題で揺れ続けています。現役力士による違法野球賭博に、場所開催中止にまで発展した八百長問題。そして何度も繰り返される暴力事件。しかしこれだけ問題が発生しても、抜本的な改革は一向に進みません。名横綱と言われた元貴乃花親方が相撲界から離れたことも、相撲界が旧態依然としている印象を残しました。 大相撲の問題点 相撲界で起きる多くの事件の根本的な問題には、大相撲がスポーツでありながら日本文化、伝統という側面も併せ持つ点があります。文化、伝統の保護という観点から税制優遇を受けることができる公益財団法人の認可を国から受けているため、自浄作用が働かないのです。多くの問題が表面化した今、大相撲は帰路に立っています。

女子ゴルフ新しい時代へ

今年海外メジャー初挑戦、いやそれどころか海外の大会への参加自体が始めてだった若干二十歳の新鋭渋野日向子が、その初めて参加した全英女子オープンで優勝を果たすというショッキングなニュースと、その後の渋野フィーバーに沸いている日本の女子ゴルフ界ですが、実は彼女を筆頭に多くの同年代の若手選手が育ってきています。 タレントの宝庫「黄金世代」 「黄金世代」と呼ばれるその世代にはJLPGAツアー史上初めてアマチュアとして優勝を果たした畑岡奈紗。尾崎将司に師事しプロで既にトップ10入り5回、優勝1回の原英莉花。5歳からゴルフを始め現在日本体育大学に在学中ながらツアー優勝を果たした河本結。そして彼女たち以外にも多くの有望株が活躍中です。今後しばらくは女子ゴルフから目が離せないでしょう。

卓球新リーグ開幕

卓球はほとんどの学校に部活動がありながら、しかし何故か日陰の存在として長い間扱われてきました。そんな卓球に光を当てた存在が、幼少期からの成長を国民みんながテレビを通して見ることになる卓球少女、福原愛でした。彼女が成長する姿を、そして世界最強の中国相手に戦い続ける姿を日本人は目の当たりにするのです。 Tリーグ開幕へ 彼女の活躍により多くの注目を集めるようになった日本卓球界は、2012年ロンドンオリンピックでついに史上初めてのメダルを獲得します。2016年リオオリンピックではベテラン勢と新しい才能とが見事融合し、男女合わせて3つものメダルを獲得します。そして2018年にはプロ化を視野に入れた新しい卓球リーグ「Tリーグ」が開幕。日本卓球界は新たなステージの幕開けを迎えるのです。

ラグビー人気の定着へ

かつて日本でも大学スポーツとして人気を博したラグビーでしたが、人気の方はしばらく低迷が続いていました。しかし2015年にイングランドでおこなわれたラグビーワールドカップにおいて、日本代表は一次リーグで強豪南アフリカ相手にラグビー史上に残る大番狂わせを演じます。そのあまりに劇的な勝ち方はラグビーファンだけではなく、今までラグビーに興味がなかったスポーツファンにも大きな印象を残しました。 ワールドカップ日本開催 そして4年が経ったまさしく今、日本でラグビーワールドカップが開催されています。連日マスコミにも取り上げられ、そして地元の利を活かし日本代表は快進撃を続けています。結果はまだわかりませんが、彼らの活躍が今後の日本でのラグビー人気定着に大きく影響することになるでしょう。