Latest

現役最高のNPB所属選手はいったい誰か?

ダルビッシュ有投手や大谷翔平投手(野手)のように、現在NPB(日本野球機構)のトッププレイヤーは、米国はメジャーリーグへと挑戦するのが既定路線となっています。しかし、それでもあえて日本に残る選手も数多く存在していますし、彼らはメジャーリーグに渡った選手と比べても遜色ない実力を持つ選手ばかりです。そんなNPBに現在所属している優秀なプロ野球選手の中から、最高レベルの選手を投手、野手、それぞれ2人ずつここで紹介していきましょう。 野手編 山川穂高:日本が誇るホームランアーティスト、それが山川穂高選手です。パ・リーグの埼玉西武ライオンズに所属する、現在まだ28歳の若きスラッガーは、しかし既に2018、19年と2度のパ・リーグホームラン王に輝いています。彼が特徴的なのは、安打数に占めるホームランの割合の高さです。通算50本塁打以上放っている現役選手の中で、.324という最高の数値を叩き出しているのが彼なのです。数値も証明するNPB最高のスラッガー、それが山川選手なのです。 柳田悠岐:愛称「ギータ」の名前で知られる、日本人離れしたスケールを感じさせる選手が、彼、柳田悠岐選手です。パ・リーグの福岡ソフトバンクホークスに所属。2015、18年に2度の首位打者を獲得。最高出塁率に関しては、2015年から4年連続獲得するという、あのイチロー選手でも成し得なかった記録も持っています。フルスイングが魅力ながら、バットコントロールも巧み。その言動も含めて、今後も日本球界を盛り上げていくことでしょう。 投手編 菅野智之:名門読売ジャイアンツのエース候補としての期待を受け入団し、見事その期待に答えた孤高のピッチャーが、彼、菅野智之投手です。2013年に入団してからの7年間で、2桁勝利を逃したのは2016年の僅か1度だけ。チームを勝たせるピッチャーであり、そして4度の最優秀防御率や、2度の最多奪三振のタイトルも獲得する、個人成績も同様に素晴らしいピッチャーです。メジャー移籍も一時期噂されましたが、どうやらジャイアンツに骨をうずめることになりそうです。 石川雅規:石川雅規投手をここであげることに、異論がある方がいらっしゃるのは想像できます。しかし、身長167㎝、しかも自由獲得枠での入団ながら、40歳まで現役を続けるそのタフネスと投球術を、現役最高クラスと賞賛することに異論がある方はいないでしょう。決して強豪ではない東京ヤクルトスワローズで、現役最多11度の2桁勝利を記録していることも見逃せません。更に今年2020年には、史上5位の年長記録、40歳4ヶ月28日での開幕投手を務め、また1つ彼のキャリアに新らな勲章を加えたのです。

日本の国技:相撲

実質的にもっとも人気があるスポーツが野球であったとしても、またサッカーがどれほど大きな注目を集めたとしても、この日本において「国技」と呼ばれる競技が相撲であることは、未来永劫変わることはないでしょう。それだけ歴史があり、また日本の文化に根差してもいる競技が相撲なのです。そんな相撲について、その歴史を中心にここで振り返って行きたいと思います。 相撲の歴史 相撲についての初めての記録は、古事記や日本書紀の中で記述された「力比べ」であるといわれています。つまり8世紀には、相撲が存在していたということです。 その後戦国時代に入り、武士の訓練方法として盛んに行われるようになった相撲は、あの戦国の風雲児、織田信長も愛好したといわれています。 そして江戸時代になると、興行として相撲が行われるようになりました。そうです、現在の相撲に続く流れは、ここから生まれたのです。未だに語り継がれる「谷風」や「雷電」といった伝説の名力士は、この時代に活躍しました。 現役力士紹介 白鵬翔:誰もが知っている現役最強の力士、白鵬はまた、史上最強力士候補の1人でもあります。荒々しさと、安定した取り口の両方を兼ね供え、既に多くの歴史的な記録を打ち立てている彼は、現役最後の花道に向けて、現在も精進を続けています。 貴景勝光信:現在まだ23歳ながら、既に優勝を果たし、大関に昇進した期待の力士が貴景勝です。突き押しが持ち味で、立ち合いの鋭さにかけては、右に出る者はいません。そんな期待の貴景勝ですが、初優勝した2018年11月場所から早や1年以上が経ちました。2度目の優勝と、白鵬に引導を渡す仕事が、彼には期待されているのです。 朝乃山英樹:貴景勝と並ぶ期待の星が、彼、朝乃山です。消極的な相撲が大成を阻んでいた感がありましたが、2019年の5月場所の優勝で一皮むけた感があります。とはいえ、それ以降優勝することができていないため、更なるレベルアップも求められています。 大相撲の記録 最後に大相撲における、主要な記録とそれを記録した力士を紹介しましょう。ただ多くの記録は、現役最強力士、白鵬が持っています。通算勝星、幕内勝星、横綱勝星、年間最多勝回数、横綱在位記録など、数えるときりがありません。そこでこれから紹介するのは、白鵬が「破れなかった」記録と、その力士です。 幕内連勝記録:双葉山が記録した不滅の69連勝には、さすがの白鵬も届きませんでした。とはいえあと6つまで迫ったのですから、さすが白鵬ともいえます。 東横綱連続在位記録:朝青龍が記録した東横綱連続在位27場所は、さすがの白鵬をもってしても全く及びませんでした。全盛期の朝青龍の凄さが窺い知れます。

新型コロナの影響から再開を目指す2020年Jリーグ

2020年明治安田生命保険相互会社Jリーグ(Jリーグ)は、J1で2月21日、J2で6月23日からすでに始まっています。戦後、リーグは今まで中断されている(5月27日)。 新しいコロナウイルス2020 日本の2つの大きなスポーツリーグは、日本の安倍晋三首相が5月25日月曜日にコロナウイルスに関連する緊急事態を解除した後に再開できます。日本の通信社共同通信は、リーグ戦が6月27日または7月4日に再開すると発表した。再開はファンレスになります。また、6月19日から野球が始まる予定です。 共同通信は、Jリーグが同じ地域のチームと対戦することを計画し、旅行を制限しようとすることを報じた。 当初は3月15日までの延期でしたが、新型コロナの状況は収束の兆しを見せず、悪化しました。 3月9日、Jリーグの村井充会長が記者会見で、3月中にすべての公式試合がキャンセルされることを発表します。その後、3月25日に再度延期、4月3日に再び延期となり、社会情勢と同様にJリーグも混乱し、最終的には4月3日にJリーグが「未定」として再開され、すべてのゲームを延期します。 日本のスポーツくじ 現在のウイルスの状況では、携帯電話からのギャンブルは、コンビニでトトを購入したり、パチンコホールに行ったりするよりも安全です。スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスでのスポーツ賭博は、私たちが所有するデバイスがどんどん良くなるにつれてますます人気が高まっています。それは安くて簡単です、そしてあなたがあなたのモバイル機器でスポーツ賭博をするために必要なすべては次のとおりです: 携帯電話、タブレットまたはラップトップ 安全、確実、信頼できる賭博サイト 安定したインターネット接続 準備ができたら、モバイルデバイスに最適なライブベットを試してみませんか? 今シーズンはどうなりますか? Jリーグの不幸な点は、2020年に東京でオリンピックが開催される予定だったこともあり、リーグの当初のスケジュールは不定期だったということです。当初からリーグは約2週間休止することが決定されましたオリンピック。オリンピックは来年に延期されることが決定したため、その期間中にリーグ戦を行うことは可能です。です。この2週間は、数週間遅れていたリーグスケジュールの回復に非常に役立ちます。 再開後のJリーグ予想 新しいコロナは収束の兆しを見せ始めていますが、自分とあなたの愛する人を守るために、不必要にまたは不必要に出かけるのを控える必要があります。一方、Jリーグファンができることは、再開後のJリーグの所在を予測することです。オープニングゲームが行われているため、各チームの強さの今後の展望については多くのヒントがあります。ここでは、オープニングゲームに基づく再始動後のJリーグ予報をしましょう。 勝者:川崎フロンターレ 今年採用した「4-3-3」方式は上手くいったとは言い難いが、サガン鳥栖を圧倒することが多く、悲観的な試合ではなかった。結果は両チームにとってドローですが、もちろん挑戦はありますが、防御の失敗はほとんどなく、攻撃は多くの見栄えをよくしました。オリンピック解散後すでにチームのメインプレーヤーとなっている若い田中みどりの心配はなく、新コロナの延期はチームの恵みの柱である中村健吾に負傷から回復する時間を与えるします。去年の優勝を逃した川崎は今シーズンが一番好きです。 カウンター:FC東京 FC東京は、横浜F・マリノスの驚異的な勝利により、昨シーズン後半にチャンピオンシップを逃した。カワサキ同様、今シーズンからも「4-3-3」を採用するが、オープニングゲームではカワサキよりもはるかに大人っぽい姿を見せた。自宅で清水エスパルスに負けながら3点を獲得し優勝。去年にはなかった攻撃力を示した。特に鹿島アントラーズ時代には、怪我をしていた新人のレアンドロが元気に姿を現し、反対を強いられた。 穴:ヴィッセル神戸 ホールかどうかはわかりませんが、ヴィッセル神戸で今シーズン優勝するチャンスは十分あります。才能は言うまでもありません。根気よく監督を見守る忍耐力があれば、最後まで勝利争いに巻き込まれること間違いなし。

日本サッカーワールドカップの歴史

日本のサッカーの歴史は他の強豪国に比べて長くはありませんが、最近では海外のリーグでプレイすることも普通になり、ワールドカップに出場することも当たり前になりました。そんなサッカーの日本代表の歴史と主張選手を振り返って見ましょう。 ドーハの悲劇 日本のサッカーワールドカップを語る上でとても重要な出来事です。日本サッカー協会はサッカーのプロリーグを1991年に設立しました。そして92年には日本代表監督初の外国人であるオフト監督を任命、ワールドカップ出場に向けて始動します。 最終予選で1位を勝ち取りワールドカップ出場がほぼ確定されていた日本でしたが、イラクとの試合の公判で同点に追いつかれ、得失点差で3位となり初のワールドカップ出場を逃してしまいました。当時のメンバーはJリーグ開幕からの全盛期を支えた、市川、三浦知良(カズ)、北澤豪です。彼らを含めた代表メンバー、日本国民が落胆する出来事でした。 ジョホールバルの歓喜 – ワールドカップ初出場 前回のドーハの悲劇から4年後、日本はワールドカップ出場をかけて再度イランと対戦し、勝利を収めることでワールドカップ初出場を決めました。この時のメンバーは前回の「ドーハの悲劇」を経験した三浦知良(カズ)などの旧メンバーと、後にセリアAでも活躍する中田英寿を含む若い世代が混じっており、いまでも日本代表史上でベストメンバーの一つと言われています。 決勝トーナメント進出 それからの日本代表は予選突破は当たり前という時代に突入します。2002年、2010年には結腸トーナメントに進出しました。ここで鍵になったメンバーは中田英寿などワールドユースで世界を経験している選手たちです。 このころから優秀な選手はJリーグを飛び出して、イタリア、ドイツ、ロシアなど海外のリーグで活躍するようになりました。フィジカル面では欧米の選手に勝てないと言われますが、日本選手はボールのパス回しなどテクニック面で秀でており、パス回しが主流のイタリアセリエAなどのリーグで活躍できるようになりました。 2022年カタールワールドカップ 2018年のロシア大会もついこの前のようですが、すでに2022年に向けて日本代表は予選に参加しています。代表の監督問題で騒然とした時期もありましたが、現在は日本人の代表監督のもとでチーム一丸となって戦っています。抽選にも恵まれており今回も気を引き締めてまずは予選突破、そして海外のクラブでプレイするメンバーとのコンビネーションを強化することで、決勝トーナメントを目指します。 いっしょに予選から日本代表を応援しましょう!

ワールドカップの熱狂を経て~新たな日本ラグビーの時代が始まる~

日本のラグビー界にとって、重要な転換点となった2019年ラグビーワールドカップ日本大会。ワールドカップを招致した当時は、日本のようなラグビー弱小国で開催すべきではない、という批判的な声も多くありました。しかし彼らはその批判を、史上初の決勝トーナメント進出という結果で黙らせました。それは長い間苦難の時を過ごした日本ラグビーの歴史を塗り替える大事件となりました。 世界に見せつけられ続けた実力の差 日本のラグビーは実に100年以上の歴史を持ち、競技者数は2018年の時点で世界第6位とされています。しかし、その歴史は世界に実力の差を見せつけられ続けた、苦難にまみれたものでした。 日本はワールドカップに、1987年におこなわれた第1回大会から全て参加しています。しかし勝ち星はわずか1勝しかあげられませんでした。それも相手は、ワールドカップで一度も勝利したことがないジンバブエです。 そして第3回のワールドカップでは世界最強チーム、ニュージーランド代表と同じグループに入り、予選で戦うことになります。結果は145対17、128点という記録的な大差で敗北を喫したのです。この時代のasiabetのようなブックメーカーは、いったいどれほどのオッズをこの試合につけていたのでしょうか。おそらく天文学的な数字だったことは間違いありません。それほど、世界のトップとの差は大きかったのです。 アジアの強豪として新たな時代へ しかし第8回となる2015年イングランド大会。日本は強豪南アフリカ代表に勝利します。そして今回のグループリーグ突破によって、ついに世界の強豪たちと同じステージに日本は立ちました。それは、日本ラグビーの新しい時代の幕開けでもありました。 世界中から賞賛を浴びたワールドカップにおける日本代表の活躍。それは日本のラグビーリーグ、トップリーグにも大きな影響を及ぼしました。世界中から尊敬を集めることになった日本ラグビーに、多くの世界的な選手が集まって来るようになったのです。神戸製鋼に加入したニュージーランド代表のブローディ・レタリック。サントリーに加入したオーストラリア代表サム・ケレビ。その他多くの有名トップ選手がトップリーグでプレーします。日本ラグビーのレベルを更に押し上げることになり、そして日本ラグビーは新たな時代に突入します。そう、ワールドカップ優勝を目指す時代へと。

日本サッカーワールドカップの歴史

日本のサッカーの歴史は他の強豪国に比べて長くはありませんが、最近では海外のリーグでプレイすることも普通になり、ワールドカップに出場することも当たり前になりました。そんなサッカーの日本代表の歴史と主張選手を振り返って見ましょう。 ドーハの悲劇 日本のサッカーワールドカップを語る上でとても重要な出来事です。日本サッカー協会はサッカーのプロリーグを1991年に設立しました。そして92年には日本代表監督初の外国人であるオフト監督を任命、ワールドカップ出場に向けて始動します。 最終予選で1位を勝ち取りワールドカップ出場がほぼ確定されていた日本でしたが、イラクとの試合の公判で同点に追いつかれ、得失点差で3位となり初のワールドカップ出場を逃してしまいました。当時のメンバーはJリーグ開幕からの全盛期を支えた、市川、三浦知良(カズ)、北澤豪です。彼らを含めた代表メンバー、日本国民が落胆する出来事でした。 ジョホールバルの歓喜 – ワールドカップ初出場 前回のドーハの悲劇から4年後、日本はワールドカップ出場をかけて再度イランと対戦し、勝利を収めることでワールドカップ初出場を決めました。この時のメンバーは前回の「ドーハの悲劇」を経験した三浦知良(カズ)などの旧メンバーと、後にセリアAでも活躍する中田英寿を含む若い世代が混じっており、いまでも日本代表史上でベストメンバーの一つと言われています。 決勝トーナメント進出 それからの日本代表は予選突破は当たり前という時代に突入します。2002年、2010年には結腸トーナメントに進出しました。ここで鍵になったメンバーは中田英寿などワールドユースで世界を経験している選手たちです。 このころから優秀な選手はJリーグを飛び出して、イタリア、ドイツ、ロシアなど海外のリーグで活躍するようになりました。フィジカル面では欧米の選手に勝てないと言われますが、日本選手はボールのパス回しなどテクニック面で秀でており、パス回しが主流のイタリアセリエAなどのリーグで活躍できるようになりました。 2022年カタールワールドカップ 2018年のロシア大会もついこの前のようですが、すでに2022年に向けて日本代表は予選に参加しています。代表の監督問題で騒然とした時期もありましたが、現在は日本人の代表監督のもとでチーム一丸となって戦っています。抽選にも恵まれており今回も気を引き締めてまずは予選突破、そして海外のクラブでプレイするメンバーとのコンビネーションを強化することで、決勝トーナメントを目指します。 いっしょに予選から日本代表を応援しましょう!

東京にオリンピック再び

オリンピック東京2020の開始まであと1年以内となりました。1964年に開催されて以来56ぶりに東京にオリンピックが帰ってくるのです。カラーテレビの普及、多額の投資が行われ多くの交通インフラが整うことになった前回とは衝撃の大きさは違うでしょうが、それでも世界最大のスポーツの祭典に期待で今から胸が一杯という方も多いのではないでしょうか。 メダルの期待が高い競技 地元開催というメリットも活かし、多くのメダルの獲得が期待されています。まずは日本のお家芸柔道は、男女共に各階級に実力者が揃いました。競泳陣は、今や日本の得意種目と言っても過言ではありません。そして多くの若い選手が世界で活躍する卓球。これら複数のメダルが期待できる競技以外にも多くの競技で日本は輝くメダルを掲げることになるでしょう。

変化するプロ野球

日本においてプロ野球は、長い間スポーツの王様でした。しかし近年はサッカー人気の興隆、それに続くスポーツの多様化によってその地位は脅かされつつあります。地上波で常にプロ野球の試合が流れることはなくなったのです。そんな中日本の野球も変わりつつあります。 変化が必要な時代 東京=巨人というわかりやすい一極集中型の発展をしてきた日本プロ野球は、地域密着を掲げたJリーグの影響から、現在地方にフランチャイズを置くチームによって人気が支えられています。今後もそのような外からの影響により変化を続けていくことになるでしょう。Jリーグのトトカルチョのようなものもできるでしょうし、実際は海外のサイトを利用すればプロ野球の試合に賭けることも可能なのですから。

世界最高峰 プレミアリーグとは

プレミアリーグとは世界最高の選手達が集うイングランドのサッカーリーグである。今回はプレミアリーグの基礎と強豪チーム、そして、現在の順位をおさらいしていく。 プレミアリーグの基礎 プレミアリーグは8月から翌年の5月にかけて行われ、20チームが2回(ホームとアウェー)の総当たりで戦う。合計で1チームが1シーズンで38試合をこなす。上位チームはFAカップ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグなどの大会にも参加しているため、過密日程が近年問題視されている。 強豪チーム プレミアリーグにはビッグ6と呼ばれる強豪チームが存在する。各チームの特徴と有名選手を見ていく。 マンチェスターシティ ペップことジョゼップ・グアルディオラ率いるマンチェスターシティ、通称シティは小気味良いパスサッカーを武器に毎年優勝争いをするチームだ。アルゼンチン代表のセルヒオ・アグエロ、ベルギー代表のケビン・デブライネ、イングランド代表のラヒム・スターリングを擁する攻撃陣は機動性と流動性に優れ、高い決定力を誇る。 リバプール 昨季シティと優勝を争ったリバプールは、ドイツ人のユルゲン・クロップが率いる。もともと強力な攻撃陣にクロップ監督の代名詞とも言えるゲーゲンプレスが加わり、守備面の改善が実現した。昨季のチャンピオンズリーグの覇者でもあるリバプールの武器は、なんといってもセネガル代表のサディオ・マネ、エジプト代表のモハメド・サラ―の両翼だ。そして、守備陣には正解最高のDFと呼ばれるフィジル・ファンダイクが君臨する。 チェルシー 古豪チェルシーを今季から率いるのは同クラブのレジェンド、フランク・ランパードだ。堅守速攻をベースとするこのチームは若返りの最中にあり、アメリカ代表のクリスチャン・プリシッチやFWのカラム ハドンソン=オドイ、タム エイブラハムが台頭している。 トットナム アルゼンチン出身のマウリシオ・ポチェッティーノ監督が就任して以来、安定した戦績を残している。イングランド代表のエースでもあるハリー・ケイン、そして、韓国代表のソン・フンミンを軸とした攻撃陣は強烈だが、今季は苦戦を強いられている。 アーセナル 長年タイトル争いから見放されているアーセナルを率いるのはスペイン人のウナイ・エメリ監督。今季はブラジル人のダビド・ルイスをライバルチームのチェルシーから獲得。ビルドアップは安定した。スピードのあるピエール・エメリク・オーバメヤンに加え、フランス代表のラカゼットの爆発に期待したい。 マンチェスターユナイテッド サー・アレックス・ファーガソン時代の栄光はすっかり影を潜めてしまったユナイテッドだが、他の競合チームと見劣りしない戦力を揃えている。世界有数のGKであるダビド・デ・ヘア、フランス代表のポール・ポグバ、そして、マルシャル、リンガード、ラッシュフォードの若手FW陣。トップ4への進出の鍵は、加入したばかりのハリー・マグワイアの仕事ぶりか。 2019-2020シーズンの現在の順位 以下、12節終了時の順位と勝点。 1. リバプール(勝点34) 2. レスターシティ(勝点26) 3. チェルシー(勝点26) 4. マンチェスターシティ(勝点25) 5. シェフィールドユナイテッド(勝点17) 6. アーセナル(勝点17) 7. マンチェスターユナイテッド(勝点16)

スポーツと賭け

日本において、以前はスポーツに賭けること自体あまり好ましく思われていませんでした。日本のスポーツ界は体育会系という学生スポーツをベースにしたアマチュアイズムを根底に持っていて、ファンはプロスポーツにすら過度のアマチュアイズムを求めてしまっていたからです。 Jリーグとtoto そこにプロサッカーリーグ「Jリーグ」が登場します。Jリーグは従来の日本のプロスポーツ(実質プロ野球だけですが)に対するアンチテーゼという側面も持っていました。地域密着の理念等がその代表です。そして2001年に導入されたスポーツ振興くじ「toto」も既成の価値観を壊すものでした。その導入によりスポーツファンの意識も変化し、現在は多くのファンがインターネットサイトでスポーツベッティングを楽しむようになったのです。

飛躍するJリーグ

日本のプロスポーツ界に大きな   影響を及ぼしてきたプロサッカーリーグ「Jリーグ」は、2016年に大きな転換点を迎えることになります。その転換点とは、それまでJリーグのテレビ放送を担ってきたスカパーとの契約を終了し、海外のインターネットスポーツ中継サービス企業「ダゾーン」と全ての放映権の契約を結んだというものです。もっと言えば、その契約額が2017年からの10年間で約2100億円という巨大なものだったことです。 ダゾーンとの契約で何が変わるのか まずは優勝額が大幅に底上げされたため、チームは勝つことで選手に投資し更に強くなるという循環を作ることができます。またダゾーンという世界へ配信する企業と繋がることで、Jリーグのそのものが世界に認知されるようになったのです。

帰路に立つ大相撲

「日本の国技」と呼ばれる相撲ですが、近年様々な問題で揺れ続けています。現役力士による違法野球賭博に、場所開催中止にまで発展した八百長問題。そして何度も繰り返される暴力事件。しかしこれだけ問題が発生しても、抜本的な改革は一向に進みません。名横綱と言われた元貴乃花親方が相撲界から離れたことも、相撲界が旧態依然としている印象を残しました。 大相撲の問題点 相撲界で起きる多くの事件の根本的な問題には、大相撲がスポーツでありながら日本文化、伝統という側面も併せ持つ点があります。文化、伝統の保護という観点から税制優遇を受けることができる公益財団法人の認可を国から受けているため、自浄作用が働かないのです。多くの問題が表面化した今、大相撲は帰路に立っています。

女子ゴルフ新しい時代へ

今年海外メジャー初挑戦、いやそれどころか海外の大会への参加自体が始めてだった若干二十歳の新鋭渋野日向子が、その初めて参加した全英女子オープンで優勝を果たすというショッキングなニュースと、その後の渋野フィーバーに沸いている日本の女子ゴルフ界ですが、実は彼女を筆頭に多くの同年代の若手選手が育ってきています。 タレントの宝庫「黄金世代」 「黄金世代」と呼ばれるその世代にはJLPGAツアー史上初めてアマチュアとして優勝を果たした畑岡奈紗。尾崎将司に師事しプロで既にトップ10入り5回、優勝1回の原英莉花。5歳からゴルフを始め現在日本体育大学に在学中ながらツアー優勝を果たした河本結。そして彼女たち以外にも多くの有望株が活躍中です。今後しばらくは女子ゴルフから目が離せないでしょう。

卓球新リーグ開幕

卓球はほとんどの学校に部活動がありながら、しかし何故か日陰の存在として長い間扱われてきました。そんな卓球に光を当てた存在が、幼少期からの成長を国民みんながテレビを通して見ることになる卓球少女、福原愛でした。彼女が成長する姿を、そして世界最強の中国相手に戦い続ける姿を日本人は目の当たりにするのです。 Tリーグ開幕へ 彼女の活躍により多くの注目を集めるようになった日本卓球界は、2012年ロンドンオリンピックでついに史上初めてのメダルを獲得します。2016年リオオリンピックではベテラン勢と新しい才能とが見事融合し、男女合わせて3つものメダルを獲得します。そして2018年にはプロ化を視野に入れた新しい卓球リーグ「Tリーグ」が開幕。日本卓球界は新たなステージの幕開けを迎えるのです。

ラグビー人気の定着へ

かつて日本でも大学スポーツとして人気を博したラグビーでしたが、人気の方はしばらく低迷が続いていました。しかし2015年にイングランドでおこなわれたラグビーワールドカップにおいて、日本代表は一次リーグで強豪南アフリカ相手にラグビー史上に残る大番狂わせを演じます。そのあまりに劇的な勝ち方はラグビーファンだけではなく、今までラグビーに興味がなかったスポーツファンにも大きな印象を残しました。 ワールドカップ日本開催 そして4年が経ったまさしく今、日本でラグビーワールドカップが開催されています。連日マスコミにも取り上げられ、そして地元の利を活かし日本代表は快進撃を続けています。結果はまだわかりませんが、彼らの活躍が今後の日本でのラグビー人気定着に大きく影響することになるでしょう。